要心館道場

心身統一合氣道会

会員の声無料体験のお知らせ

/ / / / /

保護者の声

現在に於かれましては、習い事の種類も多種多用です。お子さんに、何を習わすかはとても大事な事だと思います。また、保護者からみて「何を身に付けてほしいか」これも重要な事だと考えます。ここでは、実際に子供クラスで稽古をしている子供クラス保護者の方の声をまとめました。入会の動機やその後の変化をご覧下さい。

  • 礼儀や落ち着きが身に付くようになった

    長男が合氣道を始めたのは、小学1年生になってすぐです。「自分の身は自分で守れるようになってほしいけど、攻撃的な子にはなってほしくない」という私の思いと、「痛いのはイヤだ」という息子自身の意見から合氣道という武道を選びました。今では身のこなし・技のキレが目に見えるようになってきています。また道場では、先生が礼儀や落ち着きにも重点をおいてくださっているので、これもしっかりと身に付いているようです。2つ下の次男も1年生から始めましたが、気がつくと、家で何気なく兄弟で布団の上で兄と技を掛け合ったりと、日常の中でも合氣道を楽しんでいる様です。この先も前向きな気持ちで、楽しみながら合氣道を身につけていってほしいと思います。

    小学4年・2年 母

  • Noと言えるようになった息子の変化。

    優しい性格なので同学年の子に良くからかわれていた息子に強くなってほしいと願い体験を受講しました。恐くていやだと言っていた息子でしたが子供達が落ち着いて整列している姿につられて並びました。講義では姿勢や自分の心の使い方、「乱暴する人は強く無く力のコントロールが出来ない人」等を先生は子供達に解りやすく説明されていました。体験が終わった時には明るく清々しい表情でしたので、すぐ入会をしました。あれから3年、からかってくる子や嫌な時は「NO」と自分の意思を示せるようになり、毎日元氣良く生活している姿に心身の成長を感じます。そして今では私も学ばせて頂いております。

    小学5年 父

  • 小さい子にも解り易い指導が良いと思った

    子供の躾のために何か武道を習わせようと思っていたところ、合氣道を知り無料体験教室に参加しました。年中の幼稚園児にもわかりやすく、礼や姿勢も身につくと思いはじめました。挨拶はもちろん、毎日プラス思考で元気でいる姿を見て、はじめてよかったと思っています。子供も稽古を楽しんで通っています。

    小学2年生 母

  • 姿勢や返事を褒められるようになった

    小学2年と幼稚園年中の姉妹で通っています。自分の身を護れるように、と二人とも年中(当時四歳)から始めました。合氣道の技はもちろん、人の話を聞く姿勢や返事の仕方、目上の人に対する言葉遣いなどの礼儀作法も幼い子にも分かる様に丁寧に楽しく教えて頂いています。そのお蔭で学校の先生からも姿勢や返事を褒められるようになりました。

    小学2年・年中 姉妹 母

  • 引っこみ思案の娘が前向きに

    少し引っ込み思案の娘に、何があってもくじけない力をつけてほしくて、小学生になったら武道を習わせたいと考えていました。(本人も「名探偵コナンの蘭ねえちゃんのようになりたい」と話していました。)入会してみて、幅広い年令・男女の仲間が、共に技を習い教え合い、切磋琢磨できることや、身体を鍛えるのみならず、心のありかたを教えてくださる先生・合気道に出会えて良かったです。今ある現状を受け入れ、前向きに楽しく生きることは、自分の心一つで出来ると、小さい子にもわかるよう教えてくださいます。学校のお友達も、そんな姿に感化されたのか、同じように入会し共に励んでおります。娘は現在上級の帯を締めているお兄さんお姉さんを目標にがんばっているようです。

    小学2年生 母

  • 家の中全体の雰囲氣が良くなった

    親子で稽古を始めて約半年が経過しました。初めは投げたり投げられたりする事に不安な氣持ちがありましたが、実際に習ってみると心が落ち着く事や無理なく身体が動く感覚がとても氣持ち良いです。娘にも良い変化が見えました。娘はどちらかと言うと本を読んだり、絵を描いたりと言った事が好きで週末は家の中で過ごす事が多かったのですが合氣道が性にあっているようで、自分から家でも練習したり、「今日はこういう事を習った」と教わった事を話してくれるようになり以前よりコミュニケーションを取る機会が増えました。思春期になると親の言う事を「うるさい」と思うようになりますが道場で身内以外の大人の方に礼儀や 道徳を教わり、それを素直に受け入れているようで親としては有難く思います。 又、主人に「明るくなって良い顔になったね」と言われ、家の中全体の雰囲氣も良くなりました。

    40代 主婦

  • 学校でちょっかい出してくる子に立ち向かえるようになった

    合氣道を始める前は学校でちょっかい出してくる子に立ち向かえず、よく泣かされているだけの子でしたが、稽古を始め、心と身体が少しずつ強くなり、今ではやめてほしい事に対しては「やめて」と相手の子に言い返す事が出来きるようになりました。まだまだ泣き虫なところもありますが、合氣道を学んで自分に何か自信を持ててきたようです。小さな変化ではありますが、これも一つの成長だと嬉しく思います。今後も更なる成長を期待しています。

    小学4年 男子 母

子供会員の声

 子供達が稽古を始めるきっかけは自分の意志では無く8割以上が保護者の意思です。最初は言われるがまま道場に来ています。ある時は道場に行きたくない・・・もう辞めたい・・・そんな時期もあるようです。そんな中、稽古を続けている事で自分の変化や成長を感じ、「自ら学ぶ楽しさ」「上達する喜び」「落ち着きを身に付いた」「自信が身に付いた」と言った子供達の素直な氣持ちをまとめました。
※ 文字が読み易いようにひらがなを漢字変換しています。 子供達の声を出来るだけそのまま伝えております。※

  • 新しい友達が増えた

    最初道場に行く時に「先生はどんな人だろう?怖いかな?」とちょっと心配になりました。でも、先生や周りには優しい人が多いなと思いました。今の僕が目標としているのは合氣道が上手くなる事と友達を作る事です。 なぜかと言うと友達は支えになってくれるからです。そして、道場には学校とは違う環境の中では色々な人達がいます。僕は道場から離れた学校に通っているので友達は一人も居ませんでした。練習で氣を出す事を教わり自分から積極的に話しかけた事で友達が増えました。 夏休みにはサマーセミナーと言う特訓があるのですが、今年はそこでも沢山の友達が増えました。自分の心掛け一つで物事が変わる事が解ったのでこれからも沢山稽古をして僕も優しい人になりたいです。

    小学5年 男子

  • 3つの良かった事

    私は合氣道を習って良かった事が3つあります。 1つ目は身の周りが見えるようになった事です。今まではお母さんにも周りが見えていないと怒られたり、忘れ物が多かったけど、先生に意識を広く使う事で周りが見えるようになると教わった事を意識する事で忘れ物が少なくなりました。2つ目は友達が増えた事です。 自分から人に声をかける事が苦手だったけど、年下の子や新しい子に声をかけるようしていたら自分から声をかける事が出来るようになり友達が増えました。 3つ目は落ち着いて行動できるようになった事です。 物事をする時、落ち着く事が出来なかったので、上手く行かなかったり時にはイライラしてたけど、合氣道では毎回心を落ち着ける稽古をしているので、段々と落ち着いて考えたり出来るようになりました。 これからももっと上手になりたいです。

  • 小学4年 女子

    落ち着けるようになった

    僕は合氣道を習ってから心を落ち着かせるようになりました。なぜなら、初めに正座をして心を落ち着かせるテストをします。姿勢が悪かったり落ち着いていないとひっくり返ります。 しかも心が落ち着いていないと技が出来ません。その為に心を落ち着かせる事が大切です。 落ち着きが無いとお父さんに怒られたり、毎回先生に注意をされていたので、本当はとても大変でした。家でも練習したり努力をしました。でもそう簡単に心を落ち着かせる事が出来ません。でも、練習すると出来る事が解ってきました。これからは周りを見えるようになりたいです。なぜなら事故や怪我を防げるからです。 もっとがんばって上手になりたいです。

    小学4年 男子

  • 努力してできるようになった

    僕は2年生の時に合氣道を始めました。最初は人を投げる事だけだと思いました。だけど相手を投げるには自分の心と身体をコントロール出来なきゃ出来ないと教わりました。それは心が落ち着いていないと相手を投げる事は出来ないからです。最初は目に見えない心をコントロールするのは難しいと思いました。落ち着きが無いとお父さんにも注意されたり、先生にも毎回注意されていたのでとても大変でした。でも家でも練習したり努力する事で出来るようになる事が解りました。これからは周りが見えるようになりたいです。そうすれば、怪我や事故を防げるからです。 そのお陰もあり、審査の時や苦手な勉強の時も心を落ち着かせて取り組める事が出来るようになり、学校の先生からも褒められ嬉しかったです。もっとがんばり黒帯になりたいです。

    小学4年 男子

  • 集中力が付いた

    私が合氣道を習って良かった事は学校の席替えでとてもうるさい子が私の席の後ろになり、凄く嫌な氣分になった時、稽古で習った事を思い出し落ち着いて氣を出して授業を受けたらとても集中する事が出来ました。その後席替えをした今でも同じく集中して勉強が出来ています。 そのお陰もあってテストの点も前より上がったので嬉しいです。

    小学3年 女子

  • 自分に自信が付いた

    僕は合氣道を始める前は同じクラスの子にイジメの様なものを受けていました。そんな時にパンフレットを見て体験に参加しました。それで良かったので合氣道を始めました。 教わった事で印象的なのはプラスに考える事が大切と言う事でした。先生の話を聞いてからマイナスの言葉は使わずプラスの言葉を発する事を意識しました。毎日意識をすると少しずつ嫌な事が氣にならなくなりました。又、クラスの子に叩かれたりしても「やめろ」としっかりと相手に伝える事が出来、しばらくすると叩かれたり悪口を言われる回数が無くなりました。 自分自身が変わる事で相手との関係性も変わる事が出来、自信を持つ事が出来ました。

    小学6年 男子

  • 氣持ちが強くなった

    私は4歳の時にお父さんの薦めで始めました。合氣道を始めて良かった事は氣持ちが強くなった事です。昔は悪口を言われたら悲しくなったり言い返せなかったしました。でも、少しずつ 氣持ちが強くなり 、悪口を言われても 悲しくならなくなったり、言い返す事が出来るようになりましたとても良かったです。他にも良かった事は稽古では沢山の技を教わり、段々と色々な技が出来るようになる事も楽しみの一つです。これからもいつもの生活の中に活かしたいです

    小学3年 女子

  • 合氣道をやって良くなった事

    1つ目は『姿勢が良くなった』事です。 本を読むときや、宿題をやっているときなどに、お母さんに「姿勢が悪い」と言われていたけど、合氣道を習ってからは、言われなくなり、音楽の先生からも「姿勢がいいいね」と言われるようになりました。 2つ目は『落ち着けるようになった』事です。 私は人前でしゃべる時、とても緊張してしまって、声が小さくなってしまったり、言いたい事を言えなかったりしていたけど、合氣道を習ってからは授業中、手を挙げたり、スピーチなどで前に出て話す時も、緊張するけど、自分なりに落ち着いて話せるようになりました。 3つ目は『嫌な事も頑張れるようになった』事です。 私は算数が大嫌いで、特に、分からない問題に出会うと、「もうやめてやえ」とあきらめていたが、合氣道を習ってからは、友達にすぐ聞いたり、あきらめたりしないで、自分で色々な解き方を考えたり、ノートを見直したりして、解けなかった問題が分かるようになりました。 私は本当に合氣道をやってよかったと思っています。これからも合氣道を続けていきたいです。

    小学1年生 女子

  • 合氣道をやって良かった事

    合氣道を始める前は、目の前のこと、自分の事しか考えられなかったけど、今は先の事、周りのことを考え行動することができるようになった。 感情的になってしまう自分があまり感情的にならなくなった。 合氣道を始めたことで、年の違う人と話す事が増え、日常生活でもいろんな人とコミュニケーションをとることができるようになり、友達も増えた。 合氣道を始めていいことばかりです。なので、「合氣道やってみる?」と言ってくれた親には感謝しています。

    中学3年 男子

高校・大学生の声

幼児や小学生から稽古を始め、中学・高校・大学生と稽古を続けている方が大勢居ます。様々な部活動、受験勉強の最中でも稽古を続けている者達は皆芯を持っています。ここではそんな十代の氣持ちをまとめてみました。

  • 受験の時に効果的

    稽古の間は日常で抱える悩み等は全て忘れて身体を動かせるので気持ちの切替えが上手く出来ました。何より幅広い年代の方々と話が出来る環境というのがとても魅力的です。それが受験生の時には特に効果的でした。ここには学校でも家でも学べないことがたくさんあるので、本当に良い経験が出来ていると思います。

    10代 女子 大学生

  • とにかく合氣道は面白い

    合氣道ってなに?と聞かれることがよくあります。自分は小学2年生のときから始めてますが、未だにこの質問にうまく答えられません。とりあえず「やればわかるよ」って答えています。肉体的に強くなって相手に勝とうとする他の武道とはちょっと性質が異なっていると思います。ですが、とにかく合氣道はおもしろいです。特に自分は上手な先生方に投げられたときに「うおおすげー」って感動してます。道場で稽古に励めば、きっとものごとの考え方がちょっと変わって、日々の生活が楽しくなりますよ。

    10代 男子 大学生

  • 日常生活に活きています

    日常生活の中で相手との適度な距離感を保ったり、コミュニケーションを円滑に図れるようになっているので技以外の部分でも合氣道は役立っていると感じます。これらのことが自然にできるようになったのは、やはり小学生の時から合氣道をやってきたおかげだと思います。

    10代 女子 高校生

  • 自分に自信が持てるようになった

    小学校5年生から約9年間、合氣道を続けてきてとても良かったと思っています。武道ならではの礼儀から、普段なかなか関わる機会のない大人の方々への接し方まで学ぶことが出来ました。そして何より〝合氣道をやっている〟ということで自分自身に自信が付きました。〝武道〟というとかたいイメージや厳しいというイメージがどうしてもありがちですが、意外とそんなことも無く稽古が毎回毎回楽しいです。だから、これまで続けてこれたのだと思います。一度《要心館道場》に来て頂ければこの楽しさを実感できると思います。

    10代 男子 大学生

  • 力を出し切る事が出来た

    僕は小学1年より稽古を始めました。動機は「強くなりたい」の思いに対し父が連れて来てくれたのがきっかけでした。最初は楽しかったのが続けていた理由でした。 その後中学受験を考え、3年の頃塾の日数が増える為に幾つかの習い事を辞める必要があったが合氣道は辞めずにいました。6年の頃は塾が増え、学校の宿題と塾の宿題で毎日大変でしたが稽古では心を落ち着ける事が学べ、塾とは違い人と競い合う事が主では無かったので、精神的にリラックスが出来ました。その甲斐もあり受験当日は勿論、面接の試験でも緊張を力に変える事が出来合格する事が出来ました。強さの基準は様々あるが、緊張した時や苦手な時でも自分の力を出し切る事も強さの一つだと僕は思います。 これからも色々な事を学び、いつか社会に出る時は人の役に立てる人になりたいと思います。

    高校1年 男子

会員の声 大人会員

実際に道場にて様々な年齢層、様々な目的をお持ちの方が合氣道の稽古を楽しんでいます。武道や合氣道と聞くと「痛そう・恐い」と思う方がいると思います。現代人において、仕事や家庭の合間に習い事をする事は容易ではありません。そんな中稽古を楽しんでいる方はご自分にその価値を見出しております。入会動機やその後の変化を御覧下さい。

  • 家族間のコミュニケーションとしてかかせないもの

    長男に小学校入学時に武道でも習わせたいと思い、見学に行ったのが、私と合氣道の始めての出会いでした。もともと合氣道に興味があったので、子供がやるなら一緒にと入会しました。最初は片手で軽く人を投げたり、そんなことが本当に出来るものかと半信半疑からのスタートでした。しかし、実際に、先生から投げられた時の不思議な感覚と驚き、また自分が相手を軽く投げることが出来た時の楽しさを実感し、稽古に励んでいます。小学1年から始めていた息子も中学2年になり部活動の傍ら道場に来ています。合氣道は家族のコミュニケーションとしてかかせないものとなっています。

    30代 男性

  • リフレッシュできる場として

    入会当初は、護身術のイメージがありました。しかし、基本的な姿勢・力を抜き無理のない動作等の身体の使い方を稽古していく中で、日常生活においてこそ活用できる部分を感じています。基本動作や技が出来る事は今後の目標ではありますが、自分自身の考え方や相手との接し方のヒントを学んでいるようにも思います。先生の説明は順序だてて分かりやすく、また楽しく稽古をしましょうという雰囲気があるためリフレッシュできる場としてもいい影響を頂いております。

    40代男性

  • 私にとってのビタミン剤です

    53歳からの入会当初、長年の運動不足で筋肉痛や打撲等疲労感がありましたが、徐々に慣れ、氣が付くと2時間の稽古が終っても動ける自分になりました。それどころか体調が優れなくても道場で稽古すると元氣になってしまう、私にとってはビタミン剤のような存在になってます。4年が経った現在、黒帯を頂く事が出来、益々楽しく続けられたら・・・と思います。

    50代 男性

  • 不思議なほど始めから自然と学べました

    40代半ばから初めて習った武道ですが、不思議なほど自然に入っていけました。それは幼稚園から始めた子供たちの存在だけでなく、先生の興味深い話など体を動かすだけではない稽古内容にあります。メタボに有効な適度な運動と心身ともにリフレッシュできる道場での毎週2時間が完全に生活の一部となっている今日この頃です。

    40代 男性

  • 仕事の厳しい場面で活用出来る思考が身に付いた

    当初は子供の躾のため、子供だけ入会してましたが、稽古を見学しているうちに自分もやってみようと思いはじめました。仕事でのストレスには弱い方でしたが、稽古を重ねていくうちに、日常の様々な出来事についての受け取り方、考え方が変わってきました。最近では仕事上の厳しい場面でもプラス思考で捉えるようになってきました。

    40代  男性

  • 息子の輝く姿を観て始めました

    最初は、息子に…と始めた合気道でしたが、どんどん元気に輝く姿を目の当たりにして、自分もやってみたいと思いました。それまで、運動などしていなかった私は、初めこそ凄い筋肉痛でしたが、すぐに慣れ、一緒にお稽古を重ねる程に仲間意識も強まり、今ではかけがえの無い楽しい時間となっています。

    30代 女性

  • 合氣道で学んだ心の使い方を日常生活へ

    私が最初に合氣道を知ったのは、道場に通う知人の話を聞いて、HPを拝見したのがきっかけでした。 武道に対しては一般的なイメージしか持っていませんでしたが、『心』を重視していることをしり、興味を持ちました。自分自信の心の弱さを感じていた私にとっては『心を静める』や『心をプラスに使う』といった言葉は魅力的でした。 最近では合氣道で学んだ姿勢を意識し、人と対する時の心の向け方など実践してしています。とにかく、心身統一合氣道の教えとその世界を知った事が、私にとっては何より良かった事です。

    40代 女性

  • 稽古で元氣もらってます!

    40歳過ぎの私が合氣道の門をたたき数カ月、まだまだ日は浅いですが、合氣道を始めて、見よう見まねで受身や技を稽古しています。始めた当初は慣れぬ動きにあたふたし、身体が慣れるまでは筋肉痛などもありました。しかし最近、ふと、長年苦しめられていた肩の痛みが無くなり、腕が上がるようになっていることに氣が付きました。始めて教えられた姿勢、身体の使い方、日頃行う事が無い動作を通じて、どうやら、身体が本来の動きを取り戻し、勝手に良くなったようです。 稽古での元氣いっぱいの中高生や袴を履いた動き鮮やかな皆さんとの交流は心身共に充実させてくれます。いつも仕事終わりに稽古参加させて頂きますが、帰りは来た時より元氣になっています。これからも稽古し、マイペースにですが上達出来たらと思っております。

    40代 男性

to Top